薬剤師の仕事百科

スキルアップを求めてCROへ転職
【後編】

働き方はとても柔軟

働き方はとても柔軟です。
やはりフレックス制度が最高だと思います。
お子さんが小さい方は、早く仕事を切り上げて子供のお迎えに行くこともでき、
外勤が無い「インハウスモニター」といった働き方もあります。
女性にとっては最高の環境なのではないでしょうか。
残業に関してはプロジェクトによって様々です。
全く残業が無いプロジェクトもあれば平気で50時間を超えるものもあります。
僕は会社内で残業が多いプロジェクトになってしまったので、22時以降まで仕事の日も結構あり相当辛いですね(笑)。
それでも土日は自分の時間をとることはできます。

ずばり年収の上がり方とモデル年収はどれくらいでしょうか。

ずばり言いますと年収は高くないです。この会社の業界内平均も低いくらいだと思います。
初年収が残業をしなかった場合は420万円くらいで、家賃補助も無しです。
上がり幅も正直少ないです。役職が就かなければ5年経っても500万円行かない人がほとんどではないでしょうか。
僕のイメージも含まれますが、10年でもプロジェクトマネージャーになれる方は少数で、
マネージャーでも700万円前後、その上のダイレクターでも800万円行くか行かないかではないでしょうか。

ずばりこの会社や業界で働いてみないとわからないことはなんでしょうか

働き方の自由度の高さですね。実際ドラッグストアから転職する際にある程度自由だと思っていましたが、入ってみていい意味でギャップを感じました。
そして仕事内容ですね。専門用語も多く、業務も専門的かと思います。そのため、こればかりは話を聞くだけではイメージしづらいものかと思います。
その他には、この会社に関しては社内にいるときの自由度は高いです。
お昼の時間も、自分の業務を考慮して、ある程度自由な時間にとれます。

最後にこの会社や業界に入りたいと思う方に向けてメッセージをお願いします。

この業界は自分のスキルを高める為にはとてもよい環境だと思います。
英語も今後は必須のスキルになるので、勉強しなければいけないといった環境に身を置くことで、向上心さえあれば自己学習をするようになります。
薬学的な知識についても、自分が担当している領域のスキルは勉強せざるを得ないため、必然的に詳しくなります。
また全国転勤もなく、自由な働き方ができることも魅力的なのではないでしょうか。
新卒で入社を考えている方にとっては、研修制度もしっかりしているので、CROを受ける場合はまず受けてみるのは全然ありだと思います。

しかし給料の低さは一番のネックになると思います。
長期間勤めれば解消されるかもしれませんが、それは個々の考え方次第でしょう。
スキルを上げて外資に転職ということも結構頻繁に起こっています。
お話したヒエラルキーについても、よくこの業界の人は「製薬企業はパートナー」と言います。その感覚になるまでにはだいぶかかるのではないでしょうか。

就職においても転職においても、全てが旨い条件の職場なんてありません。
自分にとってプライオリティが高い事は何なのか?何は許せて何は捨てられるのか?
そこを考えて就職さえできれば、とても良い環境かと思います。

スキルアップを求めてCROへ転職
【前編】
プロのキャリアコンサルタントに相談してみせんか?

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアコンサルタントが納得感のある仕事選びをサポートします。

SNSでフォローする