薬剤師の仕事百科

フリーランス薬剤師インタビュー
~副業編~

【プロフィール】
N・Kさん(男性・30代後半)
薬剤師歴:5年目~10年目
大学卒業後新卒で企業に就職。その後調剤薬局を経験し、また別の企業にて働き始める。
調剤薬局で働いていた経験を活かし、企業で働きながら週1回副業として薬剤師業務を行っている。

きょうりょく薬剤師を知ったきっかけはなんでしょうか?

とあるフリー薬剤師の方とFacebook上で友達になっていて、タイムラインに情報が流れてきました。
ちょうど派遣薬剤師で働き始めて3年が経つころで、「何か仕事がないか」と探していた時期でもあったので、タイムラインの情報にすごく目が惹かれました。
「きょうりょく薬剤師」のお話と共に高額求人案件も載っていたので、思い切って登録をしてみました。

きょうりょく薬剤師のサービスを受けてみていかがでしたか?

まず薬剤師としての働き方は派遣薬剤師とほとんど変わりないです。しかし自分の責任で主体的に行動する必要はあります。
派遣の場合は派遣の人という枠にはめられてしまうので、その枠から外れて働いている感じはとても好きです。

不満点という部分でお話をするならば、サービスを利用した当初は自分が働いた月額報酬について、振り込まれるまでは詳細の金額がわからなかったことです。

ただ運営の方にフィードバックを送ったところ、月初めに「報酬がいくらになるのか」をお知らせしてくれるようになったため、今では特に不満点はありません。

後は派遣薬剤師のときに比べて年間の収入でいうと若干多くなり、経費としても税金控除ができるので、そこはとても大きいのかなと思いました。

フリーランス薬剤師(副業薬剤師)として、働き方や報酬を教えてください。

毎週土曜日に週1回働いています。
時給単価は4,100円ですね。報酬についてはとても満足しています。

現在車を使用して片道70kmほどの距離を通勤していますが、車の運転が好きなこと、そして本業とは全く別の仕事なので気分転換の意味合いも込めて働けるので、自分にはとても合っていると思っています。

きょうりょく薬剤師のサービスを使用するにあたって不安はありませんでしたか?

自分は派遣薬剤師をやっていて、その時から副業という形だったので不安はなかったですね。
確定申告のやり方については流石に自分で調べて大変なことはありましたが、派遣薬剤師時代にも確定申告はやっていたので、その点でも問題はありませんでした。
今はサービスについても不満はないので、本当に満足して働いています。

これからフリーランス薬剤師(副業薬剤師)を目指す方へメッセージをお願いいたします。

派遣薬剤師と違い、仕事を受け続けるためには、限られた時間の中で主体性をもって仕事を行う必要があります。
そして一番重要な要素は、コミュニケーション能力ですね。
薬局に正社員として長期で働いているわけではないので、薬局の空気を読み、人の輪に入っていける能力は必要です。

日本ではまだ副業が一般的ではないこと、新しいサービスであることで、少し抵抗があるかもしれません。
しかし、せっかく薬剤師の免許を取ったのであれば、資格を活かし、自身の知見を広めるためにも一度飛び込んでみるのはどうでしょうか。

きょうりょく薬剤師
プロのキャリアコンサルタントに相談してみせんか?

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアコンサルタントが納得感のある仕事選びをサポートします。

SNSでフォローする